SCARLET NEXUSの感想まとめページ開設!
映画/舞台

【舞台『刀剣乱舞』天伝 蒼空の兵 -大坂冬の陣- 】弥助と刀剣男子達に思いを馳せたい感想文

この記事は約5分で読めます。

うめさくです。
というわけで、ライブ配信で見てきました! 舞台『刀剣乱舞』天伝 蒼空の兵 -大坂冬の陣- !!

いや、久し振りですね?

刀ステの舞台を見るのって、慈伝以降久し振りなんでは……?? 
舞台を見る動機が「推しがいるから!!」なパターンが多いので、今回は「夏の陣で薬研が出てくるし、夏の陣は見たい。となると、前編になる冬の陣も見ておいた方がいいはず」という不純極まりない理由で、冬の陣を見てました。

刀ステなので、ふつうに面白いだろうし。
楽しめる舞台だろうな、と思っていたんですが。

ごめんなさい! 先に土下座して謝っておきたい。
そんな不純な動機で見て、ごめんなさい! 

めっちゃ良かった!! 

なんか、私の知っている「舞台」では、もはやなくなってた。
もうなんか、別次元の世界。
なにこのクオリティ?
すげぇんだけど、おかしくない?? 

刀ステから離れてる間になにがあったのかなぁー?? ってレベルでえげつなくすごいことになってたのを、ご報告したい。
刀ステはずっと薬研が出てこないからという理由で離れてたんだけど、私が見てない分の舞台を補いたい。

で、何が良かったかというと。

弥助がよかった。

え、ここで刀剣男士じゃなくて弥助? 敵?? って言われそうだけど、刀剣男士はそりゃあ格好いいに決まってる。

今回もめっちゃキレッキレでした。
特に加州のかっこよさがもう……。
2.5次元の舞台だと、「どれだけそのキャラを作り込めるか? 演じきれるか?」っていうのが、大事になってくると思うんですが。
加州は、もうそこに加州がいるといっても、過言ではないぐらい、加州でした。

最初に加州が喋ったときに、「え? なんかめっちゃ加州だけど、声とか寄せてる?」って気になって(それだけ、めっちゃ声が加州だった)、その後も見てたら、行動とか表情とかも、めっちゃ加州だった。

もう加州として完璧すぎて、すごすぎた。

で、そんなすごい刀剣男士達を差し置いて、なんで私が「弥助がよかった」と記事で書きたいかというと、その弥助こそ、そんなすごい刀剣男子達と対をなす存在だったから、なんですよ!!

見終わった後にもう、心がぐらぐらと揺すぶられて大変だったんですけど。
この「な、なんかすごいものを見てしまった!!」の感動の半分は、弥助と真田信繁の、歴史に反逆しようした人間達による、生き様のせいだと思う。

だってもう、彼らがすごかったから、それを無に帰そうとする刀剣男子達が輝くわけじゃん。
弥助の「歴史を変えたい」って気持ちが弱ければ、刀剣男子達が必死になるのが伝わってこない。
だから、今回の弥助と信繁のよさは、そのまま舞台の良さに繋がってくると思う。

なぜかというと、弥助や真田信繁のしようとしたこと/実行したことって、共感できる。
共感まではいかなくても、「ああー……、彼らがしたかったことが、分かってしまった」と頭を抱えたくなるぐらい、身近にある感情なんですよね……。

弥助については、奴隷として、自分の人生を生きることが許されない存在として、日本に連れてこられて。
「あー。このままの人生なのかな」って思ってるときに信長に出会って。
義を教わって、奴隷じゃなくなって。
でも、その信長が本能寺の変で殺されて。
でも自分は生きていて。
そして信長の死後、ずっと生きている中で、もしかしたら信長を助けられる可能性があるかもしれないと気づいてしまったら……? 
自分を奴隷から解放してくれた信長の恩に報いたいって、もうめっちゃひしひしと、伝わってくる。

歴史を変えたいわけじゃない(でも信長が生きてたら、どこかではゆがむかも)。
ただ生きててほしい。
生きてる未来があるのだとしたら、何がなんでもつかみ取りたい。
思わず見てるこっちが、「弥助の願いが叶ってもいいのでは……?」と思えるぐらいの叫び、すごすぎません……??

そんなの、刀剣乱舞の世界じゃ許されない。分かってる。
分かるんだけど、叶ってもいいやん……。ちょっとぐらい許されてもいいやん、そんな風に思ってしまうぐらいの、弥助の叫び。
それが舞台の中で完結されていて、見てるこっちに伝わってくる。

そしてその弥助の、「助けてくれた人の恩に報いたい」っていう切実な欲求に対する、歴史を護るって言う刀剣男士の返事が「本能」っていう機械じみた言葉で表現されてるのも、いいんですよ。

弥助の叫びに対しての返事が、「本能」なんすよね。
理屈すらこねる余地を与えない、ただひたすらな拒絶なんですよ。

本能だから、前の主の死も見届けるし。
後に死んでいく人をそのときに死なせるために生かしておく。
めっちゃ残酷やん。
真田信繁が心を折られて、自害するのも納得するレベルの残酷さ。
でも、信繁が自分を護るために死を選んでも、それを無に帰して、「真田信繁は死んでいない。生きて、大阪夏の陣で死ぬ」っていう未来を作るのが、刀剣男士。
史実の中の「死」さえ、自分で選ぶことはできない。

真田信繁にとっては、刀剣男士こそ残酷な運命そのもの(今は生かしておいてやるけど、いつかお前は必ず死ぬからなという、絶対的な存在)なわけで。
このある意味残酷すぎる行動は、自分で考えて生きる事ができない奴隷と表現することもできて、弥助と刀剣男子達の対比が、えげつなくなってる。

もうめっちゃよかった。ごちそうさまでした! ありがとうございます!!

うめさくでした。

タイトルとURLをコピーしました