アニメ

【天国大魔境】第12話「外の外」|必要な経過だとは思うんだけど、あまりにしんどい。

*当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています*

この記事は約4分で読めます。
・基本ネタバレしかありません
・アニメを思う存分楽しむつもりなので、原作やネタバレには触れない方針です。
・なので見当違いな推測をしている場合がありますがご容赦ください。

どうも、梅野です。

というわけで、天国大魔境12話なんですが。
とうとう施設の壁は破壊されて、子ども達は外の外側を知ることになり。
トキオとコナの子どもの足の裏には「○」が描かれ……、これどう考えても、マルの名前の由来だよなぁー……となってる12話です。

ここでキルコ達視点の話で生存していたウサミたちと別れて施設に残ったコナ達がどうなるかも不安なんですが(片方が生き残ってるんで、コナ達は死ぬ(そしてヒトクイになる)んでは? と思っちゃうわけで)、天国は壊れてようこそ大魔境へってわけでして。

不滅教団のところでミミヒメが空を見たいっていってた理由とか、色々と伏線回収されてて、なかなかいい回だったなと思います。

うん。
で、12話といえばまあ……、そういうことなんですが。
ロビンとキルコさんのあれなんですが。
正直、私はなんて書けばいいのかわからんのですよね。

いくら親しかった相手とはいえ、今の自分の性別は「女」であって、相手が男である以上は全裸でいくのは無防備すぎるだろ、とか。
襲ったロビンが100%悪いのは当然として、危ないかもしれないっていう危機感はあってしかるべきだと思うし、警戒心なさすぎるなぁ……、とか。(まあそれだけハルキ君がロビンを盲信していたのは今まで描かれていたんで、さもありなんな展開といえばそうなんですが)

ハルキ君のどうしようもない迂闊さを、どう考えていいのか分からないわけで。

一方で結局キルコはハルキであるっていう話なんだとも思うわけでして。
ロビンとハルキは同性で、ハルキにとってロビンは憧れの存在で、認めてほしい相手で、つまりそこに異性の性欲とか入り込む余地がずっとなくて。
キルコになってもロビンに向ける感情はずっと変わらなかったハルキ君にとってはロビンは「同性の憧れの相手」なんだけど。
ロビンにとっては多分そうじゃない。
ロビンの心情の描写がないんで(多分心のどこかが壊れてそうだけど、逆に言うとこの世界って何かしら壊れてるんだろうし)よく分からないけど、少なくともロビンはキルコをハルキ単体だとは見ていない。

もしくはロビンだって、ハルキのお姉さんの事が好きだったかもしれない。(まあ想像だけど)

今回の件は、自分がここまで変わったのにロビンは変わらずに受け入れてくれるとずっと思い込んでいた(思い込まないと心の支えがなくなってしまう)ハルキ君だからはまった罠とも言えるけど。
ハルキ君がもっとこう、「自分の外見はもしかすると男に襲われるかもしれない」って考えてたら、もっと別の展開もあったのかなって思うわけで。
でも無理だよな……、めっちゃロビンに依存してたもんな……。

これまでにちょくちょく挟まれてたロビンへの盲信と依存が、むしろこのシーンでのキルコの迂闊さを確かなものにしてるようで、なんとも言えない……。

ここでこうするために(キルコの中のロビンへの盲信や依存を一旦終わらせるために)、このシーンがあるような気さえする。
でもまあ、そう考えるのは私が視聴者だからだし。
どっちにしろ、キルコにすればしんどい以外の何物でもないんだよな。

私自身が女性っていうこともあって、なんというか。
あのシーン、本当、見てて、言葉が出てこなくて。
最初はもう「ハルキ君、迂闊!」だったし。
しばらくすると、「でもハルキ君って男だし、男として生きてきたんだったら女性が無意識に抱いてる男性への警戒心って薄いのかも……?」ってなって。
で、感想を書いてる今はようやく、「あ。でもキルコさんがああなったのはきっちり伏線あるわ。あの人、めっちゃロビンに依存してるから疑うはずがそもそもないわ」ってなってるんですが、それでも、しんどさが勝つ。

あー……、どうなるんだろ。
今回の件でキルコさんが心の支えをなくすのは確定してるだろうし、ここはマル君に頑張ってもらわないと。
でもキルコとマルが旅を続けて行くには、どこかでキルコのロビンへの依存を断ち切る必要があるもんな。
うん、まあ、その断ち切り方がこれなのは酷い話だけど。

というわけで、では。
梅野でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました