書籍

もしシャーロック・ホームズが日本に来ていたら? を描くIF探偵小説!【シャーロック・ホームズ対伊藤博文/松岡圭裕】

書店をぐるぐる回っている時に「あ。なにこれ面白そうなタイトル?!」で発見した本です。

 

 

表紙がとても古い印象を受けていたので、随分と前の書籍なのかな? と思っていたんですが……、一年前の書籍だったんですね。びっくり。

 

一言で説明すると、シャーロック・ホームズがライヘンバッハの滝で偽装死した後で、もし日本に密航していたら?? というIFの推理小説。

ライヘンバッハの滝で死亡に見せかけるまではいいけど、その後も死んだ事にし続けるには独立国家に身を寄せるしかない、だったら開国して間もない日本が一番! というマイクロトフの勧めで日本にやって来ることになったホームズの話です。

 

書いてみるとかなり滅茶苦茶な理論に聞こえるけど、当時は英国といえば植民地がたくさんあってどこにいってもホームズの姿が見つかれば英国領事館に問い合わせされる可能性があるから、数少ない独立国にホームズが身を寄せるのは合理的判断。と納得させる言い回しがすごいです。

 

密航なのでまともな船旅じゃないし、日本に対していい印象をまったく持っていない(まあ幕末で英国の総領事館を焼き討ちしたり外国人を天誅してたりすればそりゃぁ……)ホームズが、日本に来てびっくりしたり感動したりつつ、昔に知り合っていた伊藤博文(伊藤博文は幕末時代に英国に密航したという史実があるので)を頼りながら、その当時に日本で実際に起こった大津事件の真相を追っていくことになります。

私はロシア皇太子が殺されかけた大津事件ってほとんど知らないんですが、話の中心にこの事件があるので知っていたほうが楽しめる気がします。

史実では日本に圧力をかけてこなったロシアが何故かその後に圧力をかけてきて「一体何があったのか?」が絶妙に書かれていて、話の序盤で出てくる人物達が実は意外な役どころだったり、思わぬところに伏線があったりするのが、伏線好きとしてはたまりません。

大津事件の「ロシアは皇太子を殺されかかったのにどうして日本に高圧的に出なかったのか?」というある種の疑問に、IFながら応えている作品なんですよね……。

日本相手に戦争もできるけど、もっと間接的にゆっくりと、でも致命的な方法で……という感じで作中で描かれているロシア側の思惑が丁寧かつ残酷に描かれてて、正直「あ。あの国ならやりかねん……」と思ってしまうのが恐ろしい。

そしてタイトル。「シャーロック・ホームズ VS 伊藤博文」なんですが、このふたり終始仲間として行動を共にしてるんで、「え? 戦ってないよね。あれか、特撮のvsものみたいな感じか」と思ってたんですが、話の後半でホームズが「あなたとは対立したくない」といって、自分の口でホームズvs伊藤博文って言っているのがなんともいえず、ああ!! そういうことなのね?! って感じです。

 

最後の最後でタイトルを回収してるのも伏線なんだろうか。

 

 

タイトルとURLをコピーしました