サマータイムレンダの感想を完結しました!
アニメ

【サマータイムレンダ】23話“常夜”の感想レビュー(ネタバレあり)|いや、ごめん。全然わからんのだけど……??

この記事は約3分で読めます。

※この感想は、サマータイムレンダの原作を読んでない管理人が書いています。なので一部、「あれ?これ原作ではもう明かされてるけど??」みたいな考察や感想があるかもしれませんが、そこら辺は微笑ましく見てくださることを推奨します。

≪3行で感想まとめ≫

  1. 情報量多過ぎ!
  2. シデさん、訳分からん!
  3. 来週どうなるんやろ……。

というわけで、23話!
あと1話でサマータイムレンダも終わり……、この感想も終わり……。
思えば、1話たりとも気が抜けないアニメですね。

ってな感じなのですが。

23話の情報量が多すぎて、なんか何を書けばいいのか分からん!

今までも何度か、「何を書いていいのか分からない!」というのは、あったんだけど。
今回は、うん。分からない。

ハイネが出てきたことか?
慎平君の目が潮ちゃんの目で確定っぽいことか?
潮ちゃんが過去に戻って慎平君に右目をプリントしたっぽいこと?
ひづるさんに電話したのも、たぶん潮ちゃん??
慎平君と潮ちゃんがめっちゃ幸せそうやったな……。

色々あるんですが、情報量が多すぎて、わからん。

とりあえず。
右目が観測者の目になった潮ちゃんは、過去にいけるっぽいので。
これまでの「たぶん潮ちゃんが絡んでるけど、方法が分からなかった」話は、全部最終回後の潮ちゃんがやったってことで、問題なさそう。

つまり、この一連の出来事の裏にいたのは、潮ちゃん……と。(多分)

サマータイムレンダって、最終話が一話に繋がってるっていう、ループものの王道なのか。
まあ、一話の冒頭に出てきた潮ちゃんは何者? っていうのはあったから、謎は解けたけど。
観測者はずっと慎平君だったわけで。
そこに潮ちゃんが新しい観測者として加わることで、「慎平君に観測者の目を渡した」っていう事実が生まれるのね……。

ラスト1話前で明かされる、びっくり情報。

お、追いつけねぇ……。
なんか23話って、すっごく目を引くような展開(体育館の戦闘とか22話の戦いとか)はないけど、その分情報量が多いから、ついていけてない。
23話でどどんっと情報が出てきたので、「うわぁー……」ってなってます。
超展開すぎてついていけねぇー……って感じではなくて。
なんとなく、大体分かるんだけど。
えー……、そういうことだったのかよ……、的な感じというか。

シデさんも、考えてることめちゃくちゃやし。
この人、世界を壊そうとしてるって、なんでやねんって感じやし。
思えば、ハイネの背景とかは出てきてるけど、シデさんのことは肉体や生い立ちしか分かってないんですよね……。
ただの破壊願望丸出しの人なのか。
他に理由があって、世界を滅ぼそうとしてるのか。
自分の運命を呪ってるとか考えたけど。
ハイネに自分の子ども産ませて、その子どもに自分の意識を移植してるのはシデさん本人なので、シデさん本人がアカン人なんよなぁ。

とりあえず、なんかよう分からん!! な23話でした。

ラスボスムーブを全開にしてるシデさんが、どうあがいても私の理解の範疇外にいる感じ。
なんで世界を消したいのかが、分からん!
いや、ゲームのリセットみたいに世界を壊したい破壊衝動の持ち主ってことかもしれんけど、だとしたら考えるだけ無駄だしなぁ……。

ご、ごめん。
まじで私の理解力は追い付かない……、ごめんなさい。
来週、めっちゃ楽しみにしています!

うめさくでした。

これまでの感想のまとめページはこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました