サマータイムレンダの感想を完結しました!
アニメ

【サマータイムレンダ】22話“帰還”の感想レビュー(ネタバレあり)|窓君、格好いいよ!!

この記事は約4分で読めます。

※この感想は、サマータイムレンダの原作を読んでない管理人が書いています。なので一部、「あれ?これ原作ではもう明かされてるけど??」みたいな考察や感想があるかもしれませんが、そこら辺は微笑ましく見てくださることを推奨します。

≪3行で感想まとめ≫

  1. 人間なめんな! が炸裂したのが格好いい!
  2. 窓君、格好いいよ!
  3. もうちょっとだけ影澪ちゃんを大事にしてあげて!

というわけで、22話ですねぇ……。
あー、そろそろ、サマータイムレンダも終わりかぁーとなりつつ、毎週楽しみで仕方ないアニメです。

20話以上やってたら中だるみもあるだろうし。
あ、つまんないな? って思うシーンがあっておかしくないんだけど。
サマータイムレンダって、そういうシーンが全然なくて。
どこの回を見ても面白いし、飽きないし、楽しい。

というわけで。
22話もめっちゃ面白かった!

窓君、めっちゃ大活躍やん?!

私、サマータイムレンダでかなり好きなところが、“「人間なめんな」からはじまる、弱い人間側が勝利をもぎ取っていく展開”なんですよ。

夜の学校での戦いみたいな。
なんかもう影が強すぎて、もう人間側はどうやって戦うの? ってなってる展開で。
「人間の底力見せてやるわ!」的な展開で、裏の裏をかいて欺いて、細い細い勝利をもぎ取っていく。
影側の傲りや、これまでの人間側の惨敗具合から、「あー。人間側、どうするんだろう」ってなるんだけど。
そこから人間側が勝ち抜いていく様が、サマータイムレンダは、めっちゃ格好いい。

今回のシデ&ハイネ戦も、そういう展開で……、めっちゃ胸アツ。

だって、竜之介さんの二秒予知を手に入れた慎平君と。
ハイネに勝てるスペックを持つ潮ちゃんと。
もともと影として身体能力が優れてる澪ちゃんっていう、ある意味、この時点での人間側の切り札が勢揃いしてるなかでさ?

まさか、一般人代表みたいな窓君が最後に切り札になるなんて、思わんやん?!

完全に、私、窓君の存在を忘れてましたわ……。

でもこれって、影側の傲りとおんなじで。
他のメンツは脅威だけど、窓君は脅威じゃないから気にしてなかったってことなんよね……。
まあ、普通の一般人だし。
これまでもさくっと葬ってきたし。
慎平君みたいに過去に戻れるわけでもないし。
窓君って、全体的にそういう役回りが多いけど。
澪ちゃんのこと好きだけど、澪ちゃんは慎平君のこと好きだったり。
家の事も朱鷺子ちゃんが真相を知っていて、自分は蚊帳の外だったり。

物事の外側に置かれる事が多かった(でも自分の大事なものを守る時は必死だった)窓君が、こうして人間側の切り札になるのが、もう……、最高……。

すっごい格好よかったよ、窓君。

………………、で。
窓君の雄姿にときめきつつ、今回の22話で言いたいのがもう一つ。

慎平君、もうちょっとだけ影澪ちゃんのこと、気遣ってあげて?!

これ、まじで。
本気で。
もうちょっと、気遣ってあげて?

いやぁー、サマータイムレンダの序盤で恐怖の対象でしかなかった影澪ちゃんに、こういう思いを抱くとは思ってなかったんですけど。
なんていうかさ。
シデを倒して自分も消えるってなった時に、あんな寂しそうな声で「さよなら、慎ちゃん」って言われたらさぁ……。

想いが成就しないのは仕方ないにしても。
もうちょい、気にしてあげてもいいと思うんですけど?! 慎平君!!
慎平君の気持ちが潮ちゃんにあるのは分かるけど、もうちょっと影澪ちゃんを大事にしてあげて?!

…………うん、まあ。
そういう部分で女の子を上手にフォローできないのも、慎平君だって分かってるんだけど。

あの場でハイネを倒して消えるのは潮ちゃんも影澪ちゃんも同じなんだし。
そりゃあ、影澪ちゃんが消えても、澪ちゃんはいるんだけど。
でも、影澪ちゃんも慎平君のことが好きなわけだから、こう……大事にしてあげて?! ってなるわけで。

あそこで潮ちゃんの名前が一番最初にでるのが慎平君だって分かってるんですけど。
な、なんかやるせねぇー……。

というわけで、22話でした。
ハイネを倒したと思うんだけど、今後どうなってくのかな?
個人的には、潮ちゃんはハイネの一部なんだし、竜之介さんもハイネの一部……みたいなものなので、ハイネは消えても“お母さん”は消えていないっていう展開かな? って思うんだけど。

23話も楽しみにしています。
うめさくでした。

これまでの感想のまとめページはこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました